インターンシップ説明会を活用しよう!説明会の種類と選び方・注意点

  • 2017年10月17日更新
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
S624x416 studying 699485 1280

インターンシップに参加したいと思っても、自分1人ではなかなか情報収集できません。そんな時に活用したいのが「説明会」。中でも、合同説明会は複数の企業のインターンシップをたった1日で知ることができるため、大変効率的です!今回は、インターンシップ説明会で確認すべき要素と、参加当日に気をつけるべきマナーや身だしなみについて説明します。

目次

  1. 効率的に情報収集するなら、インターンシップの説明会に参加しよう!
  2. インターンシップ説明会の種類は大きく2つ
  3. インターンシップ説明会に参加するには?
  4. 説明会で収集するべき情報
  5. インターンシップの説明会で気をつけるべきマナー
  6. インターンシップの説明会で気をつけるべき身だしなみ
  7. まとめ

効率的に情報収集するなら、インターンシップの説明会に参加しよう!

説明会の参加は、インターンシップを始めるとっかかりの段階です。ここでどれだけ情報収集をできるかが大切になります。

説明会では、実際に企業で働く人と直接会うことができるため、会社の雰囲気や実際の仕事内容に関して自分で調べるよりもはるかに効率的に多くのことを知ることができます。

長期のインターンシップでは「思っていたのと違った」「途中で辞めたくなってしまった」など、事前の情報収集が足りなかったために途中離脱をしてしまう学生も毎年数名います。そういったミスマッチを避けるためにも、情報収集はしっかり行っておきたいものです。

インターンシップ説明会の種類は大きく2つ

インターンシップの説明会は、大きく分けて2つあります。いくつかの企業が同じ日に同じ場所で集まって開催する「合同説明会」と、企業が独自に開催する「インターンシップ説明会」の2種類です。

合同説明会

合同説明会は、各企業がブースを設けて決められたタイムスケジュールに沿って1日に数回説明会を行います。有名企業だけでなく、中小企業や優良ベンチャー企業なども多く参加しているため、それまで全く知らなかった企業と出会えるメリットがあります。また、たった1日で複数の企業の説明会に参加できるため、時間を有効に使えます。

独自開催のインターンシップ説明会

企業が独自で開催する説明会は、1つの企業のインターンシッププログラムをより深く知ることができます。また、実際にオフィスを見学できたり、説明会後にそのまま選考に進めるメリットがあります。

インターンシップ説明会に参加するには?

ナビサイトから応募する

インターンシップの求人情報がまとめて掲載されているナビサイトから応募できます。

インターンシップ専用のナビサイト一覧は「インターンシップ求人企業が条件別に探せるナビサイト8選」をご覧ください。

企業のホームページから応募する

大手企業や外資系企業の場合、企業のホームページから直接応募できる場合があります。気になる企業がある場合は、頻繁に企業のホームページをチェックしておきましょう。

大学のキャリアセンターから応募する

大半の場合、各企業のホームページ募集要項が掲載されていますが、中には大学のキャリアセンターや事務所の掲示板のみに公示されていることもあります。特定の大学限定でインターンシップ生を募集する場合などは、このケースがほとんど。応募方法が分からない時は、キャリアセンターに問い合わせてみましょう。

説明会で収集するべき情報

インターンシップの説明会では、主に次のことを確認しましょう。ミスマッチや途中離脱を避けるためにも、必ず確認しておくことをおすすめします。

  • インターンシップの実施場所
  • インターンシップの期間
  • インターンシップの内容
  • 服装の規定に関して
  • 学業との両立の可否(テスト期間中の対応など)
  • お給料や手当の有無
  • インターンシップへの参加方法
  • インターンシップ初日までに揃えるべきもの
  • 問い合わせ先情報

インターンシップの説明会で気をつけるべきマナー

就職活動を始める前の学生とはいえ、インターンシップに参加するには社会人としてのマナーや立ち居振る舞いを身につける必要があります。ここでは、最低限気をつけるべきマナーを紹介します。

挨拶をきちんとしよう

アルバイトの経験がない方や、目上の人と接する機会が少なかった場合、とっさの挨拶が出てこなかったり尻込みしてしまうことがあります。

しかし、挨拶は社会人の基本。目が合ったら、自分から積極的に挨拶をしましょう。

敬語を使おう

「尊敬語」「謙譲語」「丁寧語」を今のうちから使う練習をしておきましょう。学生がやってしまいがちなのが、「尊敬語」を使う場面で「謙譲語」を使ってしまったり、二重敬語にしてしまうミス。語尾に「~っす。」をつけるのもNGです。

インターンシップの参加を決めたその日から、周りの大人が使っている言葉遣いを意識的に聞き、正しい敬語を使えるように練習しておきましょう。

話を聞く時はメモを取ろう

インターンシップが始まると、新しいことをたくさん覚える必要があります。これは就職してからも同じです。先輩や上司から説明を受ける時は、必ずメモを取りましょう。

どんなに記憶力が良くても、1度聞いただけでは忘れてしまいます。また、メモを取ることなくただ突っ立って話を聞いているだけでは「この子は何をしにきたのか」と悪印象を与えてしまいます。

必ずメモをとり、復習する習慣をつけましょう。

インターンシップの説明会で気をつけるべき身だしなみ

たいていの場合、服装規定に関しては説明会の要項に記載があります。しかし、中には服装規定がないものもあります。そんな時は、スーツで参加するのが無難。スーツの着こなしについては「インターンシップの服装はスーツ?私服?そんな疑問を5分で解決します!」をご覧ください。

「私服可」「私服でお越しください」と言われた時の身だしなみについては「インターンシップの面接に適切な服装はこれで間違いなし!(スーツ・私服別)」をご覧ください。

 

 

まとめ

今回は、インターンシップの説明会について紹介しましたが、いかがでしたか?興味のあるインターンシッププログラムがあったら、ぜひ説明会に参加してみましょう。合同説明会では、多くの企業のインターンシップ情報を1日で集めることができるので、大変おすすめです。効率よく情報収集して、あなたにぴったりのインターンシッププログラムを見つけてくださいね。

    関連する記事

    この記事に関連するキーワード

    新着の求人最近公開された求人

    話題のキーワードキーワード一覧

    月間ランキング月間アクセスランキング

    週間ランキング週間アクセスランキング