インターンシップいつから始める?準備期間・募集期間・実施期間を大公開!

  • 2017年10月17日更新
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
S624x416 language school 834138 1280

目次

  1. インターンシップとは?
  2. インターンシップは就活が始まる前の年に参加するのがベスト
  3. インターンシップでお給料がもらえるってホント?
  4. 1Dayインターンシップはいつから準備をするべき?
  5. 短期のインターンシップはいつから準備をするべき?
  6. 長期のインターンシップはいつから準備をするべき?
  7. インターンシップに必要なものは早めに準備しておこう!
  8. まとめ

インターンシップとは?

インターンシップとは、企業が学生向けに実施する職業体験プログラムのこと。ワークショップや実務の体験を通して、企業や職種について知識を深めることができる絶好の機会です。

希望する職種を社会の中で実際に体験することで、自分に合った職業や組織を見極めることができます。もちろん、社会人としてのスキルアップにも繋がっていくでしょう。

就職四季報や新聞に載っていない企業でも、インターンシップを導入している会社は多く存在します。比較的知名度の低い企業にとっては、インターンシップを通して学生に自分たちの企業をPRする場となるため、多くの中小企業が実施しています。

関連記事:「インターンシップとアルバイトの違い」

インターンシップは就活が始まる前の年に参加するのがベスト

インターンシップの種類や形態は、企業によってさまざまに異なります。いつから参加しようか悩んでいる方は参考にして見てくださいね。

企業研究に役立つ1Dayインターンシップ・短期のインターンシップ

期間:最短の1日から、数週間、1〜2ヶ月のものまで多岐に渡ります。

対象学年:1年~4年(1・2年生も多数参加)

内容:ワークショップ、職場見学

実際の実務の現場で働くのではなく、インターン用に用意された企業ごとの計画に沿って、ワークショップや体験、実習が行われるのが特徴です。学校では教わることが少ない業界や職種についての学習、その企業のことをより詳しく説明してもらえるため、就活の説明会よりもより踏み込んだ内容を知ることができます。

職種についてより深い知識と経験を得る、長期のインターンシップ

期間:1ヶ月~

対象学年:1年~4年(3年生以上が多数参加)

内容:職業体験

長期のインターンシップは、数週間から1年以上に渡って参加するタイプです。その企業で働く社員と一緒に、実際の業務を経験していきます。職業体験とはいえ業務が割り当てられるため、責任を持って行っていくことになります。

習得レベルを見計らいながら、より高度な業務が割り当てられ、段階的にスキルアップしていくことができるでしょう。

長期に渡って業務に従事することで、入社後のミスマッチを防ぐことができ、採用される側だけでなく採用する側にとっても大きなメリットになります。

インターンシップでお給料がもらえるってホント?

インターンシップを実施する企業の中には、お給料をもらえることもあります。お給料がでるインターンシップとそうでないインターンシップ、それぞれの違いや特徴を見ていきましょう。

無給のインターンシップの特徴

無給のインターンシップでは、ワークショップのような形で企業から学生にレクチャーする形態をとっています。この場合、学生が労働に従事するわけではないため、企業にとって利益が発生するわけではありません。そのため、お給料も当然ながらもらえません。

有給のインターンシップの特徴

有給のインターンシップの場合、企業が将来の採用を視野に入れて学生に職業体験をさせるのが特徴です。こういった場合の多くは、社員のアシスタント業務を行うことが多く、立派な労働力を企業に提供することになります。そのためお給料が支払われるのです。

1Dayインターンシップはいつから準備をするべき?

募集期間

1Dayインターンシップは、採用開始時期が近くに連れて増える傾向があります。そのため、11月・12月頃から少しずつ募集が増え、2月・3月には多くの企業が募集を出します。大体、インターンシップ開始の1ヶ月前にエントリーが締め切られることがほとんどです。

実施期間

1日(営業時間内)

いつから準備をするべき?

1Dayインターンシップの場合は、選考がないことがほとんど。そのため、なるべく早く参加手続きを進めることが大切です。どんなに遅くともインターンシップ開始の1ヶ月前には募集を開始します。気になる企業のインターンシップ情報はこまめにチェックする習慣をつけておきましょう。

短期のインターンシップはいつから準備をするべき?

募集期間

短期インターンシップの開催は、夏休みや冬休みといった学生の長期休暇に合わせて開催されることが多いようです。そのため、開催時期の1~2ヶ月前に募集が始まることがほとんど。気になる企業のインターンシップがある場合は、過去の実施状況や企業が発信する最新情報をこまめにチェックして、チャンスを逃さないようにしましょう。

実施期間

1週間~2ヶ月程度

いつから準備をするべき?

準備の開始は、参加したいインターンシップを見つけたらすぐ取り掛かりましょう。

9月の参加であれば、7月には募集が開始されることになります。

どの企業に参加する場合でも必要になるアイテムの購入などは、それより先に済ませておいても早すぎることはないでしょう。

長期のインターンシップはいつから準備をするべき?

募集期間

短期のインターンシップとは異なり、長期のインターンシップは常時募集していることがほとんど。時期を選ばず応募できるため、「参加したい」と思ったその時からエントリーできるのが特徴です。

実施期間

3か月~1年以上

いつから準備をするべき?

長期のインターンシップは、書類選考や面接などの選考フローを通過した場合のみ参加できます。そのため、書類の用意や自己PR、志望動機、やりたいことなどをすぐに言えるよう準備する必要があります。また、

インターンシップに必要なものは早めに準備しておこう!

種類や形態に応じて、インターンシップの募集期間もさまざまです。

参加したいと思うインターンシップを見つけたら、募集開始の時期をチェックして逆算してスケジュールを組みましょう。

準備に必要なもの

服装:スーツ、靴、バック、時計など

持ち物:筆記用具(ボールペン、スケジュール帳やメモ帳)、印鑑、学生証、エントリーシートや履歴書のコピーなど

その他:企業情報のチェック、インターンシップ内容の確認、自己紹介の準備、ビジネスマナーをチェック

インターンシップでの服装は、企業によってスーツ、オフィスカジュアルと異なるでしょう。実際の就活の際には、スーツが必要になることがほとんどなので、インターンシップ参加の機会に自分のサイズにフィットしたものを購入しておくといいでしょう。持ち物は、キャラクターのついたようなものや派手な柄物は避け、シンプルなデザインのものを選びましょう。

準備にかかる時間の目安

スーツや筆記用具などの持ち物は、週末や学校帰りにお店に立ち寄ることで購入できるものばかりです。全てを揃えるのに多くの時間は要りません。週末や放課後を利用して、早めに用意しておくと安心です。

ただ、自己分析や志望動機、自己紹介は準備に時間がかかります。一晩考えて用意できる人もいれば、1ヶ月ほど時間を要する人もいて、人によりばらつきが出ます。

インターンシップに参加する予定がある方は、自己分析だけでも済ませておくことをおすすめします。自己分析がしっかりできていれば、自ずと志望動機も明確になるからです。

就活の予習だと思い、早めに行動することが大切です。

人気アパレル企業のインターンシップ情報はこちら

 まとめ

準備は早ければ早いほど、活動をスムーズにします。できることは事前に行っておきましょう。インターンシップの開催時期、実施期間、内容やスタイルは、各企業で異なるので、募集や内容を含めて情報のチェックは必須です。有意義なインターンシップに参加して、就職活動にしっかり活かしましょう!

    関連する記事

    この記事に関連するキーワード

    新着の求人最近公開された求人

    話題のキーワードキーワード一覧

    月間ランキング月間アクセスランキング

    週間ランキング週間アクセスランキング