知る、わかる、学ぶ!完全攻略!グループディスカッション

  • 2019年07月03日更新
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
S624x416

多くの企業で選考として採用されているグループディスカッションは、学生からすれば何が正解かが非常に分かりづらい選考と言えます。採用のプロはこの選考方法で、一体何を見てどう評価しているのでしょうか。

そもそもグループディスカッションって何?

新卒採用におけるグループディスカッションは、複数人(4~10人ほど)の参加者がグループになり、企業から出された課題に関して各自の役割を決めながら意見交換や議論を行い、制限時間内に結論を出すという選考方法です。採用担当者は一連の流れの中で、各参加者の発言や行動をチェックしています。

個別面接とは異なり、企業にとっては一度に多くの学生を選考することができるというメリットがあります。また、企業によって重要視するポイントなどは異なりますが、一般的に協調性やコミュニケーション能力、発想力、リーダーシップなどの能力を確認することを目的とし、多くの学生のみなさんが経験する選考方法とも言えます。

ファッション業界を代表する企業の採用担当者に、グループディスカッションに関する疑問について答えてもらいました!

\私がお答えします!/

株式会社アダストリア 人事部 三村留美さん 2012年入社

販売員・店長として様々な土地で勤務し、お店づくりを経験した後に人事部新卒採用担当として異動。アダストリアの魅力をより多くの方に伝えるべく日々奮闘中です!

Qグループディスカッションを選考に採用している理由を教えて下さい

アダストリアでは、選考の過程でその人個人のコミュニケーションスタイルを見るためにグループディスカッションを採用しています。初対面の多くの人たちの中で、どのような表情で、どういった立ち振る舞いをするのか、ということはとても重要だと考えています。皆さんが想定しているよりも、細かい部分までしっかりと見ています。

Q選考では、学生のどういった部分を見て、どのような評価をしていますか?

弊社ではお客様と関わることはもちろんですが、チームで仕事をすることがほとんどです。そのため、グループディスカッションに取り組む姿を通して、どのように人と関わりを持つ方なのか、という部分に注目しています。ですので、よく勘違いをする方もいらっしゃいますが、積極的に自分の意見を主張することが良いとか、いかにもディスカッションという感じで取り組むことが評価として良いというわけではありません。学生のみなさんからすれば分かりづらいかもしれませんが、私たちは発言内容だけでなく、選考の中での全体的なバランスを見て評価をしています。

Qグループディスカッションで、特に印象に残っている学生の事例があれば教えて下さい

弊社の内定者の事例ですが、グループみんなの意見を引き出して「意見の発表会」ではなく、ちゃんと「ディスカッション」に組み立てることができる方がいました。なかなかできないことだと思うので、とても感心したことを覚えています。

そして、当たり前なことかもしれませんが、グループのメンバーに向ける笑顔が素敵とか、姿勢がキレイとか、基本的なことが自然と出来ている方には好印象を受けますね。

Qグループディスカッションで、意識した方が良いことを教えて下さい

〝自分事〟として取り組む気持ちを持つことではないでしょうか。短い時間で出された課題を解決することは非常に難しいことですので、良い結果や納得できる答えを出すために、一人ひとりが〝自分事〟として課題に取り組むことが大切だと思います。

そのためにも、自分の意見をしっかり発言することも、集中して他の人の意見を聞いて考えることもとても重要です。

学生のみなさんに向けてのメッセージをいただきたいです

選考の場となると緊張してしまうかもしれませんが、アクションを起こせないともったいないです!主張のしすぎは良いとは言えませんが、少なくとも自分の意見や自己アピールが時間内にできなくては意味がありません。

就職活動では、いかに自分の色を出せるかというところも大事だと思うので、積極的に自分らしくがんばってみてください!

攻略ポイント!センケンクルーからのアドバイス

出される課題が予測できないから、緊張するのは当たり前。まずは当日の採用担当者からの説明をよく聞いて、時間内に何をしなければならないかを整理することが重要です。

意見などを整理するためにメモを取ることも良いですが、必死になりすぎように。企業が見たいのはメモを取る姿じゃないことをお忘れなく。

何もしないことが最も×!自分の意見はしっかり言いましょう。そして意識すべきは、議論がもっと深まり、良い方向へ向かうことです。

姿勢や、他の人の意見を聞いている様子も見られています。リラックスしようとすると普段の様子が自然と出る部分でもあるので、日頃から座る姿勢や話すときの表情などを意識しよう。

    関連する記事

    この記事に関連するキーワード

    話題のキーワードキーワード一覧

    月間ランキング月間アクセスランキング

    週間ランキング週間アクセスランキング