就活の役員面接・最終面接での自己PR、質問対策

  • 2017年11月07日更新
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
S624x416 629a43bdcfb57ae49e3bb1836a8eab6f m

1次、2次の面接をクリアし、いよいよ最後の役員面接。内定をもらったも同然と思ってしまう役員面接ですが、油断は禁物です。役員面接や最終面接でも、不採用になる可能性は十分にあります。今回は、役員面接では何が評価されるのか、ということを、その他の面接と比較しながら紹介します。また、役員面接で気をつけるべきポイントや印象アップにつながる質問の回答方法も紹介します。 

目次

  1. 役員面接は意思確認だけって本当?
  2. 役員面接とその他の面接の違い
  3. 役員面接で不採用にされてしまう理由3つ
  4. 役員面接の質問気をつけるべきこと
  5. 役員面接に備えて準備するべきこと
  6. まとめ

役員面接は意思確認だけって本当? 

二次面接や三次面接を通過し、いよいよ役員面接の案内を受けたとき、つい「内定だ」と安堵する人もいるようですが、これはかなり早計です!

確かに最終面接の場合は、候補者数は絞られているので通過できる確率は上がります。しかし、企業によっては、さらに候補者が本当に適した人材かどうか厳しくチェックする機会としているところも多く、役員面接でも落ちる可能性は十分にあります。

役員面接でも落ちる可能性があることを心に留め、対策を練ることが必要です。これまでとの面接と役員面接の違いをよく理解し、最後まで気を抜くことなく臨みましょう。

役員面接とその他の面接の違い

一般的に1次面接や2次面接は、応募者を「ふるいにかける」作業です。社会人として最低限求められる「基本的なマナー」や「コミュニケーション能力」、「論理的な説明能力」、「応募職種への適正」など基本的な部分が評価の対象になります。

役員面接の段階になると、応募者を「選ぶ」作業に入ります。応募者の多くが「社会人として最低限必要な要素」を持っており、ある程度の「適正」が認められているため、わずかな差が合否を分ける、非常にシビアな戦いになってきます。

では、その「わずかな差」をもたらすものは一体何でしょうか。次の項目で詳しく見ていきましょう。

役員面接で不採用にされてしまう理由3つ

会社のビジョンと一致しない・合わない

どんなにスキルがあっても、どんなに高いポテンシャルがあっても、学生の目指すものが会社全体のビジョンと一致していなかったり、人物像が企業の雰囲気にあっていない場合は不採用とされる場合が多々あります。あなたがどんなに完璧に準備をしていたとしても、こういった理由で不採用になるケースがあります。

しかし、第一志望の企業で「社風に合わないから」と不採用にされてしまっては、悔やむに悔やみきれません。

役員面接の前には、会社のビジョンや社風、求める人材像をしっかりと確認し、そこから大きく外れないよう努力することもできます。

主張に一貫性がない

1次面接や2次面接で伝えたことと役員面接での内容が異なっていれば、たとえどんなに良いことを話しても信ぴょう性に欠けます。面接で聞かれた内容と答えた内容をメモして見直すなど、対策が必要です。

また、自己PRでは「活動的で好奇心旺盛」と言っているにも関わらず余暇は「だいたい家にいる」など、自己PRと私生活の内容があまりにも食い違っている場合も、マイナスです。

志望動機から「本気度」が感じられない

志望動機を深く考えず、同じ業界で使いまわしている学生は不採用になることが多いため、注意が必要です。一次面接や二次面接では通用しても、役員面接や最終面接では通用しません。応募先の企業だけに使える志望動機を考えましょう。

また、役員面接や最終面接では、「弊社が第一志望ですか?」と聞かれることはよくあります。そんな時、正直に「第二志望です」「ほかにも受けています」「第一志望群です」というのはおすすめできません。

もし、同じくらいの能力の学生がいてどちらか一方しか採用できない場合、第一志望で熱意のある学生の方を採用したいと考えるからです。

役員面接に備えて準備するべきこと

 企業の理念、ビジョンとの再確認

役員面接や最終面接で何よりも評価されるのは、学生が思い描くビジョンと企業のビジョンが合致しているかどうかです。

これまでの面接対策で、企業理念や求める人材像を再三確認したという人も、最終面接の前にもう一度確認しましょう。再確認する際は、企業のホームページや配布資料に記載されていることを丸暗記するのではなく、自分の考えや目標と企業のビジョンがどのようにリンクするのか、という点を考えましょう。

そうすることで、自ずと「なぜこの企業でこの仕事がしたいのか」という問いへの答えが出て来ます。あなた自身の言葉で、面接官に伝えましょう。

最終面接用で質問される志望動機を考えよう

役員面接では、さらに突っ込んだ内容を質問される可能性が高いため、これまで以上に入念に準備することが必要です。

例えば、

  • 志望動機のところに「○○事業に興味がある」と書いてあるけど、どうして興味があるの?
  • うちは業界1位じゃないけど、どうしてうちで働きたいの?

など、エントリーシートに記載のある内容を踏まえた上で質問されることがあります。そういった質問に対して、自分の言葉できちんと答えられるようにしましょう。

もし、どんな質問をされるか全く予想できない場合は、友人や家族に自分の志望動機を見てもらい、突っ込んだ質問をしてもらうと良いでしょう。

入社後、その企業で働く姿を具体的にイメージしておこう

その企業に入社してどのように働きたいのか、何をしたいのか、社会人としてどうなりたいのかという点を明確にし、具体的な言葉で表現できるようになっておきましょう。イメージが具体的であればあるほど、自分の中のモチベーションもグッと高まり、意欲や熱意も伝わりやすくなります。

好印象を与えるために、生き生きと話せるよう練習しよう

最終面接で会う面接官とは初対面となることがほとんどだと思います。

緊張に負けずに、第一印象から面接終了まで良い印象を残せるように練習を重ねましょう。ハキハキと大きな声で話し、語尾は伸ばしたり、曖昧になったりしないようしっかり区切ります。

話す姿勢も印象を左右するものです。胸を張り、背筋をスッと伸ばすことは日頃から心掛けておきましょう。会話するときに不動というのはとても不自然に映ります。アイコンタクトを忘れず、表情を豊かにし、適度に身振り手振りを入れられるようになっておきましょう。

まとめ

今回は、役員面接とその他の面接の違いや、役員面接を通過するためのポイントを紹介しましたが、いかがでしたか?役員面接は、単なる「意思確認」ではありません。一次面接や二次面接は、迷ったら通過させるのが一般的ですが、役員面接では迷ったら落とされます。最後まで気を抜かずに、面接前の準備を念入りに行いましょう。

    関連する記事

    この記事に関連するキーワード

    新着の求人最近公開された求人

    話題のキーワードキーワード一覧

    月間ランキング月間アクセスランキング

    週間ランキング週間アクセスランキング