米軍由来の定番アウター「フィールドジャケット」を知ろう!

  • 2018年02月15日更新
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
S624x416 shutterstock 172649189 2

日本でも定番となっているアウター​「フィールドジャケット」。街中でもよく見かけるアイテムなので、皆さんもお持ちかもしれません。今回はこの「フィールドジャケット」についてご紹介します。

米軍が開発した防寒用の野戦服の総称で、代表的なものにフードを内蔵したスタンドタイプの襟型のM‐65があります。

丈夫さや機能性に加え、デザインの秀逸さも手伝い、日本でも1970年代後半から街着として人気を得ました。

当初は放出品や古着が流通していたが、その後、アパレルブランドやデザイナーが、その形を使ったアウターを作るようになり、現在も周期的にブームが訪れるなど、デザイン自体が定番化しています。

年代によってデザインやディテールのバリエーションがあり、2017~18年は襟元にフードが付かないM‐43タイプも人気となっている。

    関連する記事

    この記事に関連するキーワード

    話題のキーワードキーワード一覧

    月間ランキング月間アクセスランキング

    週間ランキング週間アクセスランキング