センケンjob女子チームが見た!立教大学服飾デザイン研究会「FDL」のファッションショーレポート

  • 2017年07月28日更新
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
S624x416 img 6598

梅雨が明けていよいよ夏到来。お祭りに海にプールと、イベント目白押しですね。その前にはテストや就活の面接がある方も多いのでしょうか?楽しい夏を迎えるために、ラストスパート頑張ってくださいね!

さて、7月の三連休は皆さんどこにお出かけしましたか?

センケンjob新卒女子チームのエリーたにやんは、立教大学服飾デザイン研究会「FDL」が主催するファッションショーにいってきました!

「FDL」は、50年以上の歴史を持つ立教大学唯一の服飾系サークル。

年に2回、6月と12月にファッションショーを行い、毎回様々なテーマに基づいて、服のデザインから製作、音楽、映像、内装、演出、プレス、モデル管理などのすべてを学生のみで手掛けています。

”売るための服”ではなく、”考えを表現するための服”ということを念頭に置き、ファッションショーを通して、何かを感じ取ってもらうことを目的に活動を行っています。

今回のテーマは「馨(かおり)」

【コンセプト】

遠くに佇む微かな記憶

馨は記憶の糸を手繰り寄せ

新たなカタチを紡ぎ出す

嗅覚から視覚へ

馨を纏い、貴方へ漂う

 

 

会場は立教大学の池袋キャンパス内にある、ウィリアムズホール。

立教大学は、きちんと手入れされた緑豊かな庭園とレンガ造りの建物が立ち並び、とても学校内とは思えないお洒落感満載!ここで学生生活を過ごしたら「立教マジックにかかった恋愛をしてしまいそうだねー。」とアラサー女子二人はきゃぴきゃぴ話しながら会場へと向かいました。

会場内は、360度真っ黒。床には透明なビニールシートが敷かれていました。ショーがスタートすると、コラージュされた映像とテンポの良い音楽が流れ、少し混沌としたムードに包まれました。

いよいよショースタート!

部員それぞれが、「馨(かおり)」を自由に解釈し、全29体のルックが披露されました。

この「馨」、皆さんは何を想像しますか?別の言葉でも「香り」・「薫り」・「匂い」・「臭い」など色んなイメージがわきますよね。

部員たちの”かおり”の解釈も十人十色。「雨」や「残り香」、「祭り」、「神社」、「first love」、「母」、「夢現」などをテーマにしたルックが登場します。中には、「汗」をテーマにしたルックもありました!

 

 

エリーのお気に入りルックはこちら!

https://senken-job.s3.amazonaws.com/uploads/image/raw/1/1717/large_kissaten.jpg

高橋 優希さんの作品「純喫茶」 

=少しいかがわしさが漂い古くさい そこにしかない、あの味、あの場所=

純喫茶好きの方ならなんとなく共感しますよね?ウェイトレスさんのレトロな制服をイメージしたトップ酢にゴブラン織りのソファのファブリックのようなスカートがとってもキュート。コーヒーの香りや、少しほこり混じりの店内の匂いが漂ってくるような気がしました。


今回は3回のショーで265名が来場。
全ルックは後日FDLホームページでチェックできます。過去のショーでのルックも展開されているのでチェックしてみてください。

次回のファッションショーは12月10日に開催予定とのこと。次回も楽しみにしています!

おまけ:夏限定!センケンjobうちわ作りました

今回のイベントに「センケンjob新卒」としてはじめて協賛しました。せっかくなので夏の必需品・うちわを作ろう!ということで、エリーたにやんがアイディアを重ねて作りました。

この顔は​公式ゆるきゃらの”じょぶにゃん”です。(分かりにくいですがネコちゃんです)

使ってもらえるのかな?とドキドキしながら会場に向かうと、おしゃれな部員の方々が白いうちわを片手に会場誘導されていました。パタパタ扇いでくださっている来場者の方をたくさん見つけて大感激!にやにやしながら会場を後にしたエリーたにやんなのでした。

    関連する記事

    この記事に関連するキーワード

    話題のキーワードキーワード一覧

    月間ランキング月間アクセスランキング

    週間ランキング週間アクセスランキング