【保存版】自己PR例文のシチュエーション別まとめ

  • 2017年03月03日更新
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
S624x416 c64a393f09e9b6348109ceba7bdcf36c m

目次

  1. 過去の例文を参考にすれば自己PRは決して難しくない
  2. アピールポイントを魅力的に見せる自己PRの例文
  3. アピールすることがなくても、自己PRは書ける
  4. 学生時代に学んだことを強みにする自己PRの例文
  5. 専攻とは異なる業界に入りたい場合の自己PR例文
  6. 記入欄が小さい場合の自己PR例文 
  7. 自己PRの例文まとめ

過去の例文を参考にすれば自己PRは決して難しくない

履歴書やエントリーシートに必ずといって良いほどある「自己PR」。企業にとって、就活生ひとりひとりの人柄を判断する上で非常に大切な項目です。

とはいえ「自分にはアピールできる部分がない」「志望動機は思いつくのに自己PRが思いつかない」といった人も多いのではないでしょうか?実は自己PRはポイントを押さえてしまえば簡単に書けてしまうもの。そのためにまずは、自己PRの失敗例や実際の例文を参考にしながら、より良い自己PRを書くためのコツをつかんでいきましょう。

アピールポイントを魅力的に見せる自己PRの例文

アピールしたいことはあるけど、どうやって書けばいいのか分からない時に参考にしたいのが、こちらの例文。アピールポイント・具体例・成果・意気込みの4つの要素を分かりやすく組み込むことで、あなたのアピールポイントを、より魅力的に見せてくれます。

私は何事にも前向きに挑戦する人間です。
私は学生時代、大手のアパレルブランドで販売員としてアルバイトをしていた経験があります。ある時お客様に商品のことを聞かれた際、答えられずに戸惑ってしまうことがありました。その時、自分がブランド名だけに惹かれていて商品知識を全く持っていないことに気づきました。それからは、商品や素材について勉強したり接客の研修にも参加しました。
すると、お客様と会話を楽しみながら接客することができ、月間売上実績も8位から2位に上がりました。さらに、私の前向きな取り組み姿勢に対して店長からお褒めの言葉をいただき、とてもやりがいを感じました。
この経験から、何事にも前向きに挑戦する姿勢を大切に、貴社でも売上向上に努めてまいります。

自己PRの基本的な書き方については「スラスラ書ける!自己PRの書き方のコツを3分でマスターしよう」をご覧ください。

アピールすることがなくても、自己PRは書ける

自分にはアピールできるような経験やエピソードがない。そう感じているなら、自分の趣味や好きなことを強みにすることが出来ます。次の例文では、一見些細なことに見えますが、入社後に強みになるような点を書いています。

私は読書が好きで、毎日欠かさず本を読みます。
読書を継続してきたおかげで、情報を素早く処理できる力がつきました。大学で論文を書く際にも、限られた時間で他の学生よりも多くの文献に目を通すことができるため、「A」より下の成績をとったことはありません。また、毎日一定量の活字を読んでいることから、誤字脱字をすぐに発見できるようになりました。
読書を通して身につけた情報処理能力と、ストレスなく活字と向き合える性格を、ぜひ貴社の校正員として生かしていきたいと考えております。

この例文では、読書で得た読解力や情報処理能力がどのように生きたのか、具体的かつ客観的な「成績」を例に挙げている点で、とても説得力があります
このように、自分の趣味を強みにすることで、自分がその企業にとって「使える」人間であることをアピール出来ます。

学生時代に学んだことを強みにする自己PRの例文

専門学校生や、ダブルスクールに通っている学生なら、学校で学んだ知識や経験を業務に生かしたいと思いますよね。ここでは、学生時代に学んだことを強みにする自己PRの例文を紹介します。

私は、何事にもストイックに取り組めるという強みがあります。
専門学校では、服のデザインを追求することに時間を費やしてきました。デザインコースは毎日服のデザインに関わる課題がありましたが、私はその課題以外にも実際に街に出て実際にアパレル業界で働いている人の話を聞いたり、街中で歩いている人達を観察したりと、今どんな服が流行しているのか、皆どういった服が着たいと思っているのかといったことを常に追求しました。
その経験によってデザインに対する知識や情報を沢山知り、ファッションのデザインを競う大会でも優勝を勝ち取った実績があります。
貴社でもこのストイックさを活かし、常にファッションについて研究することを惜しまず、売上に貢献していきたいと考えております。

この例文では、志望している業務にどれだけ熱を持って取り組める人間なのかを、エピソードを用いながら効果的にアピール出来ています。志望動機とも直結する、非常に魅力的な自己PRです。学生時代に学んだことを強みにしたい方は、ぜひ参考にしましょう。

専攻とは異なる業界に入りたい場合の自己PR例文

大学生の場合、とりわけ文系の学生は、自分の専攻と異なる分野の業界や職種に就きたいと考えている人が沢山います。そんな時は、学業以外の分野で強みをアピールすることをおすすめします。

私は、自分の目指しているものに対して積極的に取り組む姿勢と、取り組んでいることを持続する力が強みだと思っています。
私は学校でデザイナーのカリキュラムを受講してきました。貴社では違う職種ではございますが、学校で学んだデザインの知識を活かしたうえでパタンナーとして働きたいと考えております。
私はパタンナーを目指すにあたり、学校の課題でデザインした服を実際に制作する工程まで必ず週に1回行うように心がけていました。
おかげで、教授には「●●さんの作品は、ただデザインするだけでなくその後デザインを形にしていく工程を意識している点が素晴らしい」と褒めていただき、クラスで一番良い成績をおさめることが出来ました。
デザイナーとして学んできた知識を活かすとともに、行動力のあるパタンナーとして貴社に貢献していきたいです。

記入欄が小さい場合の自己PR例文

自己PRは、大抵エントリーシートに記載します。エントリーシートは企業によって異なるので、自己PRの記入欄も大きいものから小さいものまで様々です。そのため、自己PRには長いものと短いものを2つ用意しておくことをおすすめします。

長めの自己PRを、どのように短くまとめるか、次の2つの例を見ながら解説します。

長い自己PR例文

私の長所は、くじけない心を持っていることです。
私は昨年交換留学に参加しました。そこでは、日本で6年間勉強した英語が全く通用せず、とても悔しい思いをしました。しかし、今こそ本当の英語力をつけるチャンスだと思い、身の回りにある参考書を解いたり、映画の字幕を英語で観るなどして、毎日必死で勉強しました。そして勉強したことをその日のうちに会話の中で積極的に使っていくことで、だんだんと自然に会話ができるようになり、とても達成感を覚えました。留学して3ヶ月が経つ頃には、日常会話なら問題なくできるようになり、帰国する頃には少しの訛りが入った英語にも対応出来る英語力がつきました。
この経験を通して、明確な目標を立てて取り組む必要性と、諦めずにチャレンジすることの大切さを学びました。
社会人になると初めての事と多く対面し、困難と遭遇するかと思いますが、私はそこでくじけません。貴社ではこの強い精神力を活かし、困難な事案にも立ち向かっていく事を約束します。(420文字)

こちらの例文では、困難に遭遇したエピソードと、それにどのように立ち向かってどのような成果を得たのかが具体的に書かれていて、とても説得力があります。

この自己PRを半分の量に削る時には、【アピールポイント・具体例・成果・意気込み】の4つの要素を残しつつ、その他の部分を削りましょう

短い自己PR例文

私の長所はくじけない心を持っていることです。
交換留学に行った時、6年間勉強した英語が通じず、大きな挫折を味わいました。しかし、ピンチをチャンスと捉えて必死で毎日勉強しました。学んだことをその日のうちに実践することで英語力が伸び、日常会話は問題なくできるようになりました。
この経験から、明確な目標を立てて取り組む必要性と、諦めずにチャレンジする姿勢の大切さを学びました。
入社後は、困難な事案にもくじけずに立ち向かっていく事を約束します。(217文字)

いかがですか?長い自己PRの半分の量になっていますが、一番伝えたいことをしっかり残しつつ全体を通して非常にコンパクトにまとまっています。

どうしても短くまとめられない時は、下記の項目を確認しましょう。

  • 回りくどい表現はないか(例:積極的に使っていくことで→実践することで)
  • 短い言葉に言い換えられないか(例:この経験を通して→この経験から)
  • 繰り返しの表現はないか(例:訛りが入った英語にも対応できる英語力→訛りにも対応できる英語力)
  • 不要な言葉はないか(例:日本で6年間勉強した英語→6年間勉強した英語)

 

自己PRの例文まとめ

自己PRは企業に対して自分という商品を売り込むためにアピールすることができる唯一の項目ともいえます。

商品の紹介をするときにその商品について理解していなくてはいけないのと同じように、自己PRをするときも自分のことを誰よりも理解していなければならないのです。

企業に間違った捉われ方をしないためにも、例文を参考に自分を売り込むための文章をしっかりと考えておきたいですね。

 

    関連する記事

    この記事に関連するキーワード

    話題のキーワードキーワード一覧

    月間ランキング月間アクセスランキング

    週間ランキング週間アクセスランキング