【知っておきたいビジネス用語】「CSR」って何のこと?

  • 2018年01月16日更新
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
S624x416 shutterstock 429323335

「CSR」という言葉を聞いたことはありませんか?ここ数年、日本でも良く聞かれるようになりました。いったい何を意味する言葉なのでしょうか?

CSRとは?

「CSR」とは、corporate social responsibilityの略で、日本語では「企業の社会的責任」と訳します。

環境保護問題や発展途上国における貧困・飢餓問題など社会が抱える様々な問題に対する企業への取り組みを指します。

社会と共生する企業が存続していく上で欠かせない経営テーマで、欧米や日本の他業種の大手企業では取り組みが定着しています。

海外に工場や店舗を多く持つ「ユニクロ」のファーストリテイリングがCSR部(現:サステナビリティ部)を設けるなど、取り組みを行っています。

対応が遅れていた日本のファッションビジネス業界でも、環境問題を中心に取り組みを強化する企業が増えてきています。

    関連する記事

    この記事に関連するキーワード

    話題のキーワードキーワード一覧

    月間ランキング月間アクセスランキング

    週間ランキング週間アクセスランキング