【ファッション用語解説】「クロップト」を知ろう!

  • 2018年04月24日更新
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
S624x416 shutterstock 1066632779

「クロップトパンツ」「クロップトトップ」などのファッションアイテムの呼び名として聞くことも多い「クロップト」と言う言葉。単体で聞くことはあまりないかも知れませんが、一体どういう意味があるのでしょうか?今回はこの「クロップト」について一緒に見ていきましょう。

クロップトとは?

クロップトのクロップ(crop)は短く刈り込む、切り落とすの意味です。

ファッションアイテムでは、本来の丈でなく中途半端なところでカットした丈を指し、その点では、ショート丈やハーフ丈とは異なります。クロップトパンツやクロップトトップなどのアイテム名は、ファッション業界では頻繁に登場します。

最近ではレディスでワイドクロップトパンツがヒットし、テーパードのクロップトパンツは定番的に長く愛されています。

(左から)イーチアザー(EACH OTHER)/マルケス・アルメイダ(MARQUES ALMEIDA)/カルヴェン(CARVEN)

メンズでは近年、九分ぐらいのアンクル(くるぶし)丈が流行していますが、八分、七分丈のクロップトも当たり前になってきました。

    関連する記事

    この記事に関連するキーワード

    新着の求人最近公開された求人

    話題のキーワードキーワード一覧

    月間ランキング月間アクセスランキング

    週間ランキング週間アクセスランキング