【ファッション用語】「ボザム」って聞いたことある?

  • 2018年02月21日更新
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
S624x416 bozamu

「ボザム」と言う言葉を聞いたことがありますか?直訳すると「胸」と言う意味です。今日はファッション用語として使われることも多い「ボザム」について解説します。

ボザムとは?

「ボザム(bosom)」は胸という意味で、主にフォーマル向けのドレスシャツの胸の部分を指します

ボザム部分に飾りを施したスタイル(「ランバン」17年春夏パリ・コレクション)

この胸の部分にタックやプリーツ、フリルで装飾したものが多く、プリーツを入れた場合はプリーテッドボザム、胸をU字やスクエアに切り替えたタイプはスターチド(のり付けした)ボザムといい、クラシックな礼服に見られます。

切り替え部分にピンタックを配したり、別布にしたりと様々あり、フォーマル以外でそのデザインを遊んだシャツもあります。

プリーテッドはタキシードフロントと呼ぶこともあり、日本語では襞胸(ひだむね)、スターチドは烏賊胸(いかむね)と呼んでいました。

プリーテッドボザムは、礼服として着用されることが多い

    関連する記事

    この記事に関連するキーワード

    話題のキーワードキーワード一覧

    月間ランキング月間アクセスランキング

    週間ランキング週間アクセスランキング