【用語解説】「アンテナショップ」って知ってる?

  • 2018年03月30日更新
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
S624x416 shutterstock 174432065

「アンテナショップ」と言う言葉を聞いたことがあるでしょうか?各都道府県などの物産品を取り扱うお店などでよく見かけませんか?本日はこの「アンテナショップ」についてご紹介します。

「アンテナショップ」とは?

企業、団体、自治体が消費者向けに情報・商品を発信、販売促進を狙って、消費者の反応の聞き取りを目的にした店舗兼ショールームのことを言います。

ファッション分野では、主にメーカーや卸売り業者など店舗を持たない企業が、人通りの多い路面や商業施設に、常設や期間限定で設置し、自社商品を展示販売することが多くあります

売り場作り、管理方法、販促などのノウハウを積み、消費者の声を収集し、商品改善や新企画に役立てることができます。

取引先小売店への提案精度も上げることができ、小売りチェーン店は、旗艦店がその役割を担っており、限定品の販売などが行われることも多くあります。

-関連記事はこちらから

【業界用語】ポップアップショップって一体なーに?

    関連する記事

    この記事に関連するキーワード

    イベント一覧

    話題のキーワードキーワード一覧

    月間ランキング月間アクセスランキング

    週間ランキング週間アクセスランキング