「あこがれの企業、おじゃまします」ワールドストアパートナーズ編:お客様に寄り添い、心をこめた接客がモットー

  • 2018年03月07日更新
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
S624x416 0106

ファッションのお仕事に興味津々な学生が、あこがれの企業を訪問する「あこがれの企業、おじゃまします」。経営者や第一線で活躍する先輩社員に企業の特性、ファッション業界の魅力、仕事のやりがいなどあれこれ質問する「センケンjob新卒」の人気企画です。

今回は、国内最大の総合アパレル企業と言われるワールドグループのワールドストアパートナーズ編です。

株式会社ワールドストアパートナーズ
「UNTITLED」 ルミネ北千住店 店長 安田悦子さん(右)

バイヤーを夢見て入社。販売職を通じて、接客の楽しさ、奥深さに魅了され、店長の道へ。一緒に成長していく仲間がいることがうれしい、と目を輝かせる。

株式会社ワールドストアパートナーズ
「UNTITLED」 ルミネ北千住店 ドレッサー 田谷奈穂さん
店長を目指して2016年に入社。安田店長のような思いやりのある人材へ成長したいと語る。

学生 入社の決め手は何でしたか?

安田 就活時にいろんなブランドのショップに足を運び、接客の質やスタッフの人柄を自分の目で確かめたのですが、その中で最もお客様に寄り添い、心をこめた接客をしていると実感したのがワールドグループのショップでした。この会社なら、大きく成長できると確信して入社しました。

学生 どんな社風ですか?

安田 ワールドグループには〝豊かな人間力〞を備えた社員が多く、目標にしたいと心から思える素敵な仲間がたくさんいます。一人ひとりが個性を発揮して自分流の接客を編み出し、お互いに支え合う。そんなチャレンジングで思いやりのある社風に惹かれて入社する方も多いですね。

学生 教育・研修制度についてお聞かせください。

安田 入社直後の新人研修を皮切りに、店舗配属後は三回のフォローアップ研修があります。新入社員は、その多くが同じ壁にぶつかります。その壁を同期全員で共有し、ロールプレイング等で乗り越えていく、充実した研修制度も弊社の魅力。また、将来のキャリアステップの幅広さもワールドグループならでは。販売職を起点に*VMD、プレス、バイヤー、マーチャンダイザー、人事など、多種多様な領域に挑戦できます。

*VMD(ビジュアル・マーチャンダイジング):ストア・コンセプトや売場の統一コンセプトに基づき、品揃えや店舗デザイン、プロモーション、陳列方法などを連動させることによって、商品の特徴を視覚的に演出していく手法。

★学生からのひとこと

お話を聞いて、自分の将来像をつかめたと同時に、想像もふくらみました。(専門学校 武蔵野ファッションカレッジファッションスタイリング科/上野 心さん)

店頭での接客はもちろん、バックヤードで行う業務の重要性も実感しました。(同科/袋瀬ゆずさん)

★この会社のスゴいところ

いつも前向きで明るい社員の人柄に尽きます!

販売職からスタートし、ワールドグループならではの、多種多様なキャリアステージに挑戦できるワールドストアパートナーズ。その原動力は、向上心とお互いを尊重し合う、豊かな人間力を備えた社員たち。「人柄の良さなら、どこにも負けない」と安田さんは自信を見せる。

    関連する記事

    この記事に関連するキーワード

    話題のキーワードキーワード一覧

    月間ランキング月間アクセスランキング

    週間ランキング週間アクセスランキング