【レポート】プロが撮影する就活証明写真スタジオに潜入!

  • 2019年02月28日更新
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
S624x416  mg 0054

こんにちは。センケンjob新卒事務局です。

就職活動の中で用意すべきアイテムの1つである就活証明写真。もう準備しましたか?

現在はスピード証明写真撮影機やスマホでの撮影などで手軽に用意することができますが、この1枚の写真は、あなたの印象を左右する、いわば会社の名刺のような存在です。

近年ではウェブでのエントリーシート提出も増えてきており、データで就活写真を張り付ける必要性も出ており、画素数の高い写真を用意しておいたほうがベターです。何度も使用する写真だからこそ、プロのカメラマンに撮影をしてもらい、最高の1枚を用意しておくと安心です。

先日、センケンjob新卒事務局では池袋にある証明写真専門スタジオ「369スタジオ」に就活用照明写真の撮影体験をしてきました。当日の撮影流れを簡単にレポートします!(モデル協力:常田伊純さん)

撮影までの流れ

①撮影したい服装へ着替える

バストアップでの撮影になるため、”清潔感のある服装”に着替えましょう。ファッション業界用の就活写真では、私服でもOKな企業も多くありますが、いろんな企業に配布する写真という観点では、リクルートスーツでの撮影が無難です。「369スタジオ」ではスーツレンタルも可能です。

②ヘアメイク

「369スタジオ」ではヘアメイクさんも常駐しています。近年は垂れ眉が流行していますが、就職活動では”可愛い困り顔”よりも”この人に仕事を頼みたい!と思っていただける聡明な顔”のほうが好印象です。

就活に特化したヘアメイクさんは好みを理解しながらも、客観的に印象がよく見えるメイクやヘアセットを提案してくれます。

いよいよ撮影へ!

担当したカメラマンは、都内フリーランスフォトグラファーとしてファッション雑誌、広告を中心に15年以上活動したベテラン。洋服の青山では年間1000体以上のスーツを撮影スーツ系雑誌した経験があり、安心して撮影に臨めます。また、柔らかい表情が出るような声かけもしてくれます。

撮影の際は、その人の骨格や印象に合わせてチャームポイントが引き立つようなライティングや角度を設定します。カメラマンさんが発見したモデルの常田さんのチャームポイントは「頬」。頬にハイライトをあてて、魅力的に見えるように工夫していました。

写真選び

撮影した写真の中から、複数枚並べてふかんして見比べてお気に入りの写真をピックアップしていきます。粗選びが終わったらいよいよ1枚に絞っていきます。ここまでくれば、正解も間違いもありません。第三者の意見も参考にしながら、1枚を選びます。

レタッチ作業

修正はやりすぎ注意。きれいになったものの、プリクラのように実際とは別人になってはマイナス評価につながることもあります。「369スタジオ」でもナチュラルな修正を心掛けたレタッチに定評があります。ほうれい線や小さなほくろはもちろん、唇まわりの影を見逃さないのがポイントです。オプションで、顔痩せ修正なども対応してくれます!

出来上がり

完成したデータと撮影した全データがCDでもらえます。選んだ1枚は、印刷もセットで24枚もらえます。

撮影を終えてみての感想は?

これまではコンビニでのスピード証明写真しか体験したことなかったですが、撮り直しがきかないし、表情がこわばってしまっていました。今回プロのカメラマンやメイクさんがリラックスした雰囲気をつくってくれたので楽しく撮影にのぞめました。レタッチ加工もメリハリが効いていて、やりすぎないところがよかったです。これから就活するにあたって、”これがあれば安心の一枚”を撮影してもらえて本当に良かったです。この写真で就活頑張ります!(杉野服飾大学 常田伊純さん)

 

たかが証明写真、されど証明写真。スピード証明写真と比べると高い出費かもしれませんが、写真は時に心までも表します。「この写真で絶対エントリーシートや面接通過だ!」と自信を持てる写真を皆さんも撮影してみませんか?

「369スタジオ」では2019年3月3日(日)までの限定オープンです。最終キャンペーンで 友人と一緒に2名で予約すると「お友達割」があるそうです。詳しくは「369スタジオ」ツイッターをチェック!

    関連する記事

    新着のお仕事最近公開されたお仕事

    話題のキーワードキーワード一覧

    月間ランキング月間アクセスランキング

    週間ランキング週間アクセスランキング